Post List

Hexagon Smart M.App
新型コロナウイルス感染症が流行している期間中、必需品を購入する必要がありますか?そのためのアプリがあります

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)が世界中に広がり続けているため、家にいることが新しい日常となっています。旅行、娯楽、社交の場は、住民がウイルスの拡大を遅らせるために隔離されているため、すべてが保留されています。 しかし、食料品のような生活必需品を買いに出かけるのはどうでしょうか?需要の増加は、牛乳、パン、トイレットペーパーなどの供給低下につながるため、必要なものを見つけるため店から店へと迷い込んでしまうことは、自力で隔離することで得られるメリットのいくつかを打ち消すことになっています。 人口10万人以上のポルトガルの自治体であるアルマダは、住民の安全を守るための取り組みでHexagonと提携しました。チームは わずか1週間で、食料品やその他の生活必需品を購入する際の推測作業を軽減する「Commercial Establishments」というプラットフォームを開発しました。 いつ、どこに行くか 市民は、ガソリンスタンド、薬局、パン屋、ペットショップ、スーパーなど、必要不可欠な事業者の営業状況や供給状況を確認できます。事業者は名前、住所、電話番号を登録し、情報を共有することで、その事業者が何を提供しているのか、営業日や営業時間などの情報を市民に提供しています。 アルマダ M.App Enterprise上に構築された商業施設ダッシュボードは、動的でカスタマイズ可能です。アルマダ市民は、業種、立地、開店・閉店状況で表示されるものを絞り込むことができ、いつ、どこで買い物をするべきかを容易に知ることができます。 アルマダは、COVID-19による混乱が続く中、市民が直面しなければならない不確実性を軽減することを願って、ウェブサイトとFacebookページでこのプラットフォームを宣伝しています。 商業施設のプラットフォームは、位置情報がどのように日常生活を改善するかの一例に過ぎません。細かな不便の防止からウイルスの世界的な広がりの追跡まで、ヘキサゴンのCOVID-19専用ページでは、パンデミックへのヘキサゴンの対応とヘキサゴンの技術がどのように活用されているかをご紹介しています。