Posts written in Japanese

Post List

Japanese
2020年にリリースされた最も重要なGoogle Maps Platformの新機能

Googleは定期的にGoogle Maps Platform(GMP)の新機能をリリースしています。波乱万丈な出来事や環境にもかかわらず、2020年はGMPの新機能にとって非常に良い年となりました。 HEXAGONのGoogleパートナーシップのデータサイエンスとセールスイネーブルメントの実践責任者として、顧客からの要望の多かった機能など、Googleの新機能を間近で見てきました。ここでは、2020年の最も重要な新機能を簡単にご紹介します。 1.ローカルコンテキスト この新機能は、Google Places API のローカル情報をウェブサイトのマップに追加する簡単な方法を提供します。この機能は、学校、レストラン、消防署などの地域情報を不動産のリスティングと一緒に表示する場合に特に便利です。これらの機能はこれまでも Places API で利用可能でしたが、Local Context を使用することで、このユーザー エクスペリエンスの実装がより簡単になり、全体的に費用対効果が高くなります。 2.マップのカスタマイズ Google Maps Javascript API…

Japanese
見える5G:屋内電波強度の可視化

5Gネットワークは、製造業からヘルスケアまで、さまざまなアプリケーションにおいて極めて重要な役割を果たしています。しかし、電波は人間の目には見えないため、デジタルの助けがなければ、特定の場所のカバレッジや接続性で何が間違っているのか、あるいは正しいのかを見極めることは難しいでしょう。 幸いなことに、ヘキサゴンのLuciad技術を活用すると、ローカルまたはプライベートの無線ネットワークの5Gカバレッジを可視化して分析が可能になるため、電波強度を色分けされた3次元マップで確認できます。 電波強度の描写 Luciad技術を使用すると、ユーザーは建物内の電波強度を3Dで表示出来ますので、建物全体の5G電波強度を確認できます。 Hexagonの5G可視化は、産業、インフラ、公共、安全の分野において、通信要件を満たすために適用可能です。第4次産業革命であるインダストリー4.0は無線通信を原動力としているため、良好なカバー率が鍵となります。場所別の電波強度を描写することで、スマートなインテリアプランニングが可能になります。 Luciad技術の可視化を使用して5Gネットワークを設計すると、アンテナの位置などの変化がカバレッジにどのように影響するかを確認できます。製造工場に最適なネットワーク接続を提供することで、ビジネスに不可欠な機能を確実に監視することができます。 販売、交通管理、公共施設の提供、緊急時の対応などのネットワークベースのサービスも5Gを使用しているので、企業や政府にとっても、特定の構造物内のカバレッジの状態を確認できることは重要です。 5Gネットワークのメリット 5Gネットワークの使用によって、柔軟性、生産性、モビリティ、接続性が向上し、カスタマイズやデータセキュリティの向上が可能になります。自動化、リアルタイムの認識、リスク管理、機械や装置の最適化も、一貫して高いネットワーク性能に依存しています。 目的に応じた作業が十分にサポートされ、発生した問題を必要に応じて診断することで、予測不可能な不具合やシステムの部分的な障害に直面しても、サービスの継続性を提供可能となります。 5G のユースケースの開発には、ビデオ(最終的には仮想現実や拡張現実)による遠隔点検や監視が含まれているため、堅牢で維持管理の行き届いた 5G ネットワークは、民間の産業界と公共部門の両方で将来に備えるために不可欠な機能もカバーしています。 ネットワークのカバレッジを可視化することは、どのような場所でも強固でフェイルプルーフなネットワークを構築するための第一歩であり、HexagonのLuciadポートフォリオはお客様とお客様の組織が無線ネットワークの最適化を実現するためのお手伝いをいたします。 下のビデオで、ヘキサゴンの5G可視化ソリューションを実際にご覧ください。

Japanese
アルゼンチン当局は、新型コロナウイルス感染症を監視するため、国家リスク管理システムにLuciadを使用しています。

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の発生のように常に変化する状況では、最新の統計や勧告に追いつくことは困難な場合があります。しかし、アルゼンチンの当局者は、HexagonのLuciadプラットフォームの助けを借りて、ウイルスの監視と情報共有のプロセスを合理化する方法を見つけました。