UAV Solutions for Disaster Relief in Japan

0
Read this blog in English and Japanese languages (scroll for more)

When the Fukushima Daiichi nuclear disaster occurred on in March 2011, Global Hawk drone flew over the nuclear plant to capture images and establish the extent of damage. Use of Unmanned Aerial Vehicles (UAVs) as investigative tools in high-risk areas for disaster relief in Japan is fairly common.

Moving further from last week’s blog on UAV Mapping Solutions in Asia, this blog explores its usage in disaster relief in Japan. UAVs such as Global Hawk were initially developed for military applications, but the technology has substantial demand in civilian sectors and is experiencing exponential growth. UAV are used commonly in agriculture, natural disaster research and D&I sectors.

For more than 40 years, Hexagon Geospatial has been a trusted partner of Defense and Intelligence agencies worldwide and has created solutions for UAVs – Motion Video Exploitation (MVE) that benefits disaster recovery as well.

UAV Video on GeoMedia

UAV video on GeoMedia

Motion Video Exploitation (MVE) solution, built on our geospatial content management, forensic video analysis, and intelligence fusion and exploitation capabilities provides end-to-end management and exploitation of full motion video assets. Our solution enables commanders to take decisive action based on a complete understanding of the situation on the ground. With the MVE solution you can –

  • Geo-fuse raw UAV videos over your map to assess the damage and situation over the area
  • Create geographic and temporally registered annotations to store records of damages
  • Annotations, videos, extracted images can be stored in a warehouse for organising and querying damage status
  • Extract images for change detection and generate mosaic images from the video frames to analyse damage overview

It becomes more important not only to capture data from UAVs but also to manage and analyse it.

災害分野におけるUAVソリューション

2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故の際、無人航空機(以下、UAV) Global HawKが被害状況把握のために施設上空にて撮影飛行を行われました。日本では農薬散布用に約2000機以上の無人ヘリコプターが運用されているUAV大国ですが、このエピソードは一般人に人が容易に近づけない災害現場におけるUAVの優位性を示した象徴的な事例です。

一方でUAVはGlobal Hawkに象徴されるように軍事関係で広く研究・使用がなされてきましたが、世界各国の防衛機関との40年以上にわたるパートナーシップをもつHexagon Geospatialでは既に無人航空機の映像解析ソリューションを持っており、防衛諸機関はもちろん災害機関への実績を有しています。

UAV Video on GeoMedia

GeoMedia上のUAVビデオ

このソリューションはMotion Video Exploitation (MVE)といい、地理情報管理および科学的映像分析、情報一体化・利用技術などによって移動映像の一貫した管理・利用機能を提供するもので、地震等の災害の被害状況の正確な把握に基づくタイムリーな意思決定を支援するシステムソリューションです。特徴は以下になります。

  • UAVから送られてくる映像をリアルタイムで地図上に表示することができるため、今どこでどんな被害が起こっているかを正確に把握することができます。
  • ある瞬間のビデオフレームに注釈を入れ、そこに映っている被害状況の記録ができる。
  • 映像は管理サーバーに保存されており、後で検索して被害状況を確認・整理することができる。
  • 動画から撮影した範囲全体のモザイク画像を作成したり、異なる時期の画像を比較することで、被害状況の全貌や変化を解析することができる。

Hexagon Geospatial では緊急事態に地理空間アナリストが直面する困難を理解し我々のMVEソリューションによってお客様の技術的困難が克服できるようお手伝いをさせていただきます。今後、UAVの利用は単に飛ばすだけではなく、得た結果をどのように管理・解析していくかが重要になっていきます。その意味で、MVEのようなソリューションの重要性は高まってくると考えられます。

Share.

About Author

Yoichiro Ohta

Yoichiro has over 11 years of experience in the IT and geospatial domains. He has been with Hexagon Geospatial since 2011 and manages pre-sales, technical support, and training for customers and partners. He also helps out with highly accurate translations of product manuals.

Leave A Reply